厳正寺の水止舞

mizu2017_01.jpg
厳正寺の水止舞に行ってきました。


厳正寺 水止舞
東京都大田区大森東3-7-27(嚴正寺)
毎年7月14日
13:00〜14:00









元亨元年(1321)年武蔵の国が大干ばつに見舞われたので
住職の第二世法蜜上人がワラで龍像を作って祈祷を捧げ、雨を降らせた。

2年後、今度は長雨が続き、田畑が流出。

長雨は2年前の雨乞いの祈祷のせいだと上人を恨む人が出てきた

上人は獅子の仮面を3つ作って「水止(しし)」と命名。
それを農民にかぶらせて舞わせ、太鼓を叩かせ、法螺貝を吹かせ、
龍神に雨がやむよう、「水止」の祈祷を捧げた

雨は止み、人々は感謝の舞として、「水止舞」を捧げるようになった。
(公式サイト参照)


上人様のご苦労がすさまじい!


このお祭は前半の「道行」と後半の「三匹獅子舞(水止舞)」の二部構成。

前半の道行はお寺から150mくらいのところにある大田区立大森東中学校の校門前から始まります。
藁で編んだしめ縄で巻きあげた雄雌二匹の龍神の中に
法螺貝を吹く者が1名ずつ入り、水をかけられながら「練りの道あけ」をするとのこと。
こちらの「水かけまつり」のほうが有名なのかも。


mizu2017_02.jpg水場。(っていうのかはわかりません)
こんなポイントが数mごとにあってじゃんじゃん水をかけていく。


参加者も観客も見境なしでビショビショ。
強者は合羽を着写真を撮りに行っていました。


mizu2017_03.jpgしめ縄の中で法螺貝を吹いていらっしゃる。水責め、自熱責め、人の行き交う埃責め。艱難辛苦が甚だしい。



mizu2017_04.jpg水浸しになる勇気がなかったので早々にお寺さんへ。人のいない舞台はこんな感じです。


mizu2017_05.jpg
入り口の受付のところで前回のしめ縄を小分けにして配っていました。
お値段はなし。「お気持ちを」とのことでしたのでほんとに気持ちだけお渡ししてきた。
私が富豪なら1万円札ですがしょぼい平民なのでそうもいきません


mizu2017_06.jpgしばらくするとしめ縄巻きの方が運ばれてきます。
ゴロゴロ転がすのかと思ったら結構な人数で持ち上げて移動していました。

この日は炎天下でしたので地面が大変に熱い。
いく先々がしっかり濡れていないと灼熱になるようでたまに中の人の

「あっつ! あっつい! 熱い!」
という悲壮な声が聞こえます。

だよね。



mizu2017_07.jpg舞台の上まで上げられたしめ縄はとめてある細い縄(これが本体がちゃんと巻く様に縛ってるようでした)を鎌でざくざく切られてバラされます。



mizu2017_08.jpgバラされた縄は舞台の端をぐるっと囲うように配置されます。

このとき、すでに獅子がスタンバイ。
獅子3匹、花笠(ここでは花籠と言われているもよう)2人。
お囃子方は笛が5人、太鼓は獅子の腹のもの以外はありませんでした。


mizu2017_09.jpg雌獅子。配布されている資料では「赤い顔」となっているのですがどう見ても金ぴか。
幕が赤いです。
ツノなし、牙なし。まつげすごい。


mizu2017_10.jpg雄獅子。大獅子です。
こちらも資料には「黒い顔」となっているのですが赤く見えるぞ。
幕が紺色。
ツノはないように見えます。大きな牙あり。髭があり。



mizu2017_11.jpg若獅子。中獅子です。
こちらは資料のとおり黒い顔。
紺色の幕でツノはない…と思う。大きな牙あり、髭もあり。


次第は
『雌獅子の舞(女水止舞)』
初めての出会いが表現された『出羽の舞(大水止、若水止の舞)』
三匹が仲良く舞う『大若女、水止舞(トーヒャロ)』
『コホホーンの舞』この寺に施餓鬼があるとは夢しらず、遅く詣れば後世のさわり


休憩をはさんで

雌獅子を奪い合う『雌獅子隠しの舞』
仲良く3匹が踊る


となっておりました。(資料参照)



mizu2017_12.jpg舞台の幕にも獅子の装束にも鱗の文様。
徹底して龍神。



mizu2017_13.jpg若獅子が背中に挿しているいる団扇に「水止舞」の文字。
雌の幣束は雷を表している、との解説が入ります。


mizu2017_16.jpg大獅子の背中には何もなし
三匹獅子舞で幣束なしは珍しいですね。



mizu2017_14.jpgしめ縄が広げられたときにつけられた龍頭。

mizu2017_15.jpgこっちは反対側。


なんという趣深い面持ちか
どっちが雌でどっちが雄か聞いておけばよかった。



mizu2017_17.jpgここでは『コホホーンの舞』のときと『雌獅子隠し』のときに歌が入ります。
舞台の社殿側には笛と歌との方々がいらっしゃるのですが、お歌のときに扇子を見ているのを見つけました。



お願いしたら見せてくれたよ!ありがとうございます!

mizu2017_18.jpg歌詞が書いてある!節付きで!


mizu2017_19.jpg裏側も。



mizu2017_20.jpg仲良く3匹で舞う獅子。全体を通して飛んだり跳ねたり、素早く移動したりする所作はありません。



mizu2017_21.jpg社殿は前方にあるのですが、獅子たちは踊りながら全方向を向いてくれるので全く見えないハズレ位置はない模様。




mizu2017_22.jpg雌獅子隠し。「大獅子が雌獅子を花の宮に誘って隠す。それを若獅子が追っていくが追い出される」という解説がありました。



!!

大獅子が隠すのか〜!
これも初めてのパターンでした。
そりゃー喧嘩になるよね。



mizu2017_23.jpg最後は仲直りしてみんなで踊ります。



mizu2017_24.jpg演舞が終了して舞台を降りた獅子たちが、観客の頭を噛んでくれます。
「獅子に噛まれると1年間頭痛に悩まされない」というご利益があるとのこと。
もちろん噛んでもらう。

至近距離でお写真撮らせていただいた。
羽飾りで全然お顔が見えないね!
でも素敵!





◆交通案内◆
JR京浜東北線大森駅東口より、京急バス森ヶ崎行き、大森東五丁目行き、
あるいは羽田車庫行きで「大森警察」バス停下車、徒歩約6分
京浜急行大森町駅より、徒歩約8分

私は大森駅から歩きました。
駅から8分って近い!

西向天神社 例祭

nishimukou2017_01.jpg
東新宿の西向天神社の例祭に鹿踊が出ると聞いて行ってきました。
はじめにお断りすると私自身、鹿踊については恥ずかしいほど勉強が足りておりません。
今回は「あんまりわからないけど興味のある人が見に行ったお祭りの記事」です。


なのでちゃんとした情報が欲しい場合には他にもブログなどにまとめていらっしゃる方がおりますのでそっちの方が断然良いです。ほんとに。


西向天神社例祭
2017年5月20日(土)
 里神楽10:00~18:00
 東京鹿踊・舞川鹿子踊(岩手県)18:00~19:30
5月21日(日)
 里神楽(終日)
東京都新宿区新宿6丁目21−1(西向天神社)



西向天神社は東京メトロ副都心線/都営大江戸線 東新宿駅のA2かA3出口から徒歩5分ほどのところにある神社。
初めて行くところだったので不安だったのですが

杞憂以外の何物でもない。

とてもわかりやすい。

新宿イーストサイドスクエアの階段上がってすぐ目の前にありました。
nishimukou2017_02.jpg


仕事早めに切り上げて(働いた)17:30過ぎには東新宿駅に着いたのですが
すでに音が聞こえる。

うわあ、始まったちゃったか。
と思ったのですが音の主は里神楽。
nishimukou2017_03.jpg
こっちも見たかったな。



しばらくすると、鳥居の外から鹿がやってきます。
鳥居の前で「鳥居ほめ
nishimukou2017_04.jpg



お堂の前で「お堂ほめ
nishimukou2017_05.jpg
「ほめ」っていい。



演舞は神楽殿の前で披露されました。

わー
いっぱいいるね。(三匹獅子舞とかに比べて)

壮観だね。(鹿)
nishimukou2017_06.jpg




仲立(群のリーダー的存在。と理解している)の大口袴の裏。
nishimukou2017_07.jpg
熊谷直実敦盛だそうです。

女鹿子には菊慈童が描かれているとのこと。(写真はないよ)

私のたいへん雑な理解は以下のとおり。
熊谷直実→元平家で源頼朝の御家人に転職した人。さらに出家もしちゃう。
平敦盛→笛が上手い。美少年。平清盛の甥っ子。
 →平家物語。物悲しい、もののふストーリー。
菊慈童→めっちゃ長生き。不老長寿バンザイ。
なるほど。(頭悪すぎか)

仲立が猛々しい武将のモチーフ、女鹿は吉祥のモチーフというのは雅。

MIYABI。

絵柄や色使いのようにデザインにおける「わかってもわからなくても楽しめる」部分ていうのはたいへん好きです。
もちろん自分はガッついて知りたがるんだけど、そこまで知らなくてもいいや、という人が知らないまんまでも楽しめるていうのはいいと思うんですよね。懐が深くて。


この日は「お堂ほめ」のあと、鹿踊体験のワークショップがあって
観客の中の有志が装束をつけたり踊ってみたりというのがあってけっこうほのぼのしたスタートでした。

ちびっこがフラフラしながら装束付けられているのを
おねいさんがたがキャーキャーいいながら写真撮りまくっていて
大人気でした。可愛かった。

「装束猛々しい+子どもかわいい」
というギャップ萌えみたいなもんかな、と思いました。

甘辛酸っぱいトムヤムクン美味い、みたいな。
(例えが下手すぎる)




そして始まる
nishimukou2017_08.jpg
そうだった。鹿踊って跳ぶんだった。
まだ数回しか鹿踊は見たことがないのですが、その度に驚くのが跳躍。

跳ぶんだよ。
さすがに今回で脳髄に刻みました。

「鹿は跳ぶ」


ところで「650年前に落武者が伝えた」という言い伝えのある千葉県の三匹獅子舞(印西市八幡神社の獅子舞)も獅子が鹿だと言われているんだけど、跳びます。

「鹿は跳ぶ」



仲立の流し(背中の布の部分)に倶利伽羅剣と蓮。
nishimukou2017_09.jpg
仏教寄りのモチーフに鹿踊の「鎮魂供養」の側面を思い出します。




激しく気になったわらじ。なにこの素材! ゴム? ウレタン?
nishimukou2017_10.jpg
初めて見ました。(と思って以前撮った写真をよく見たらチラホラ履いている鹿と鬼がいた。)


ふつうの草鞋の鹿もいました。
nishimukou2017_11.jpg

演舞のあとで聞いてみたら、ハイテクっぽい草鞋は
「ゴムわらじ」というもので鬼剣舞の人たちが履き始めたものらしいです。
岩手のお店で売っているものだとか。

グリップが効いて、手軽だし重宝されているそう。

へー。

ちなみにgoogleで検索しても1件しかヒットしませんでした。
これっぽい。


演目はメジシ隠しへ。
nishimukou2017_12.jpg
この辺りから暗さで写真が全滅し始めます。


私の手元にはロバート・キャパの「ノルマンディー上陸作戦」よりも訳がわからない
ダメな写真しかないのでお伝えしづらいのですが

途中、一匹の鹿がビョンビョン踊り出てきてぐるぐると大きく旋回し
バチを地面に向けてそれを中心にしてぐるぐる回る
すこぶるかっこいい動きがあったのです。

こんなの。
nishimukou2017_15.jpg


もう、伝わらないんでyoutubeとかで見て欲しい。



メジシのソロパート「海の門中(となか)」
nishimukou2017_13.jpg
可憐。

群の中で一匹だけ角のないメジシ。
メジシが踊って歌う、静かな演目です。

「海の門中(となか)のおんまき鳥 波に揺られ 原が立ちそろ
 白鷺は立つと思えば立ちかねて 跡を濁さず 立てや白鷺 立てや白鷺」

て歌ってるんですって。

舞手の方は女性で、女声。お上手ですばらしかったです。




あっという間の演舞でした。
nishimukou2017_14.jpg



ところで背中のササラ(白い長いの)は神籬だそうで
三匹獅子舞が腰によく差している幣束と同じ意味合いがあるそうです。

私はずっと鹿踊のこれが巨大なのは
「岩手は広いから神様が見つけやすいようにでっかくなった」
と思っていたのですが
(三匹獅子舞はけっこう神さまの近くでやるから見つけやすいのだと思っていた)

本当のところはどうなんでしょうか。

機会があったら有識者に問うてみたいと思います。

長崎獅子舞

珍しく千葉を出て、東京都内の獅子舞に行ってきました。

nagasaki2017_01.jpg


長崎獅子舞
東京都豊島区長崎1-9-4(長崎神社)
2017年5月8日(日曜日)

9:00  長崎獅子舞 道行き
10:30〜11:00 冨士元囃子と寿獅子 豊島区指定無形民俗文化財 冨士元囃子連中
11:00 祭礼式典
11:20〜 長崎獅子舞 ふんごみ
11:30〜13:00 五若囃子 五若会
13:30〜14:00 和太鼓 東京都立 千早高等学校
14:00 長崎獅子舞 帯舞(おびまい)
14:20〜14:40 獅子舞体験(写真撮影・舞体験など)
14:40〜15:10 長崎獅子舞 花巡り舞(はなめぐりまい)
15:10〜15:30 奉納落語『獅子の涙』 作・演 三遊亭吉窓
15:30〜16:30 かっぽれ 玉すだれ 竹の会
16:30〜17:00 長崎獅子舞 笹舞(ささまい)
17:15〜 長崎獅子舞 幕掛舞(まくがかりまい)
※スケジュールは当日配布された資料より





今回は午前中の獅子行列には参加せず、午後の「帯舞」から見学。

公式サイト(?)に「日本でここにしか存在しない袴姿の獅子舞です」とあるように、華やかな盛装とボリューム満点の獅子頭(とくに羽飾りすっごい)が特徴の獅子舞。

nagasaki2017_02.jpg

元禄年間(1688年~1703年)から伝承されているものだそうです。
一時中断してしまったら悪疫が流行、獅子舞の復活で悪疫がおさまったという
言い伝えがある霊験あらたかな獅子舞。



展示されていたかつての装束
nagasaki2017_03.jpg

「天保10年(1839)には油屋三右衛門という豪商の口利きで尾張公の上覧を仰ぎ葵御紋の高張提灯を賜わった」ということで盛装するようになったそう。
さすが、お殿様の前ではおめかしするのですね。もとはたっつけ袴で踊られていたというお話でした。


帯舞(おびまい)
nagasaki2017_04.jpg

帯状の布を悪疫に見立ててやっつける、太夫(大獅子)の舞。
角でつついたり噛みついたりして弱らせた悪疫を、最後は飲み込んでしまいます。
nagasaki2017_05.jpg





14:20〜14:40の獅子舞体験では獅子たちと一緒に写真が撮れるということで小さな子ども連れの家族が中心に賑わっていました。





花巡り舞(はなめぐりまい)
nagasaki2017_06.jpg
花笠たちが中央に集まって花畑を作ります。




そこを獅子たちが行ったり来たり
nagasaki2017_07.jpg



しているうちに女獅子が隠されてしまいます。たいへん!
nagasaki2017_08.jpg
慌てて荒れ狂う男獅子たち。




そうこうしているうちに中獅子が女獅子を見つけ、花畑から連れ出します。
それに気づいた大獅子がへそを曲げ、
演目は女獅子争いへと変化します。
nagasaki2017_09.jpg
ここの女獅子争い、どうやって勝負しているのかよくわかりません。(勉強不足)
このフォーメーションはかっこよかった。




この演目が終わると、奉納落語『獅子の涙』(三遊亭吉窓による創作落語。長崎獅子舞の逸話をもとにしています)→かっぽれ、玉すだれと余興が入り
16:30ころから再び長崎獅子舞が始まります。




笹舞(ささまい)
nagasaki2017_10.jpg
先ほど帯舞で悪疫を帯に見立てて祓うものが披露されましたが、こんどは笹を悪疫に見立てているそうです。




nagasaki2017_11.jpg
笹をばくばく。




さて今更ですが「ふんごみ」
nagasaki2017_12.jpg




これは各演目ごとに披露されていたもので、配布資料には「獅子舞入門、基本形の踊り」と記載されています。
nagasaki2017_13.jpg





中央のおんべ(幣束と笹のついた棒)を中心にしてぐるぐる回る獅子たち。
nagasaki2017_14.jpg
かっこいいねー





幕掛舞(まくがかりまい)
nagasaki2017_15.jpg
ぐるぐると縄のようにねじった幕が見立てられた悪疫。




獅子はつついたり噛んだり、体当たりしたりしていきます。
nagasaki2017_16.jpg


本物の幕は文化財だそうで使用できないので白い布なんだって。
nagasaki2017_17.jpg
大獅子も。


披露されるのは実に20年ぶりだそうで、見られてよかった…。来てよかった……。
激しい演目なので獅子頭も布も傷むものだというお話でした。





すべての演目が終了し、拍手の中、社務所の方へ帰っていく獅子たちご一行。
nagasaki2017_18.jpg




そして私の大好きだったこの動き。
nagasaki2017_19.jpg「ふんごみ」で見られた動き。

美しい。

グッとくる。






西武池袋線 椎名町駅北口から徒歩30秒。徒歩30秒!
街中で駅前なので、飢え・渇き・トイレの心配はまったくないという夢のような立地条件です。さらに会場にはパイプ椅子が用意されているので足腰に自信がない人でも大丈夫。
さらに演目には丁寧でわかりやすい解説がつき、配布資料もあるなんてどんだけ至れり尽くせりか。
観客ははじめは多いものの段々と少なくなってきます。
もちろん、最後までいるべき。







当日配布されていた資料。
nagasaki2017_20.jpg
当日は羽飾りで隠れてしまってあまりよく見えない獅子頭もばっちりチェックできます。




何はともあれこの女獅子の顔よ。
nagasaki2017_21.jpg
顔よ。(かわいい)

平岡鳥見神社の獅子舞 2017

2013年2014年に行ってきました平岡鳥見神社の獅子舞
今年は3年ぶりです。

3年か。
早いなあ。
このブログの一番最初に記事にした獅子舞。
祖母の家の近くということも手伝って勝手に思い入れの深い獅子舞です。


hiraoka2017_01.jpg

平岡鳥見神社の獅子舞
千葉県印西市平岡 (鳥見神社)
例年5月3日 13:00〜(神事)



前回見たときから獅子頭が新しくなったと知って(Twitter)ソワソワしてて
今年こそは!と意気込んで、晴れて念願叶った次第です。




あいかわらず装束がとにかく好み。
hiraoka2017_02.jpg
袴、かっこいい
背中の帯、かっこいい



hiraoka2017_03.jpg
平岡の獅子舞、雌獅子がすごく姫っぽい印象。
装束の色合いとか、立ち位置とか。



hiraoka2017_04.jpg
演目は例年と変わらず
1.ボッコミ
2.初の舞(カカ)
3.二の舞(カカ)
4.舞出し(セナ)
5.初の舞(セナ)
6.二の舞(セナ)
7.舞出し(ジジ)
8.初の舞(ジジ)
9.二の舞(ジジ)
10.弓くぐり(ジジ)
11.眠りの舞
12.大廻りの舞
13.勇み三角の舞
14.蚯蚓拾いの舞
15.喧嘩の舞
16.仲三角の舞
17.喧嘩の舞
18.仲直り三角の舞
19.大廻りの舞
20.籤の舞


でした。
だったはず。
きっと。(不確かか。)



では今回の目的、獅子頭の観察です。

ジジ(親獅子)
hiraoka2017_05.jpg
赤・黒・金の捻れた角と牙
口元にはヒゲ
「老」を示す白い飾り羽がどっさり。


以前のジジ。
hiraoka2017_06.jpg角やヒゲは変わりませんが、白い飾り羽はそんなに多くありませんでした。



セナ(子獅子。「セナ」は地域の言葉で「長男」を示すもの)
hiraoka2017_07.jpgまっすぐな角の間に縄が渡されています。

以前は細い皮のベルトでした。
hiraoka2017_08.jpg

見えづらいけどジジの角も以前は皮のベルトがわたされていました。
hiraoka2017_09.jpg


カカ(母獅子)
hiraoka2017_10.jpg
雌獅子は修繕だけなのかな?
角、牙なし。
短めの飾り羽には茶色いものが混ざっています。



当日の次第は
初の舞(初心者が舞う)
 小休憩、子どもにお菓子が配られる
記念撮影
二の舞(経験者が舞う)
巫女舞
餅まき


↑この順番も以前見に行ったときは初の舞→巫女舞→二の舞でしたが変わったようです。
年によって違うのかも。
未確認。

初の舞の舞手さん(平岡では舞人[まいじん]と言われます)は
三兄弟だそう。
イイねー。
記念撮影のときにはご両親と並んで写真をバシャバシャ撮られていました。
まるでアイドルの撮影会のように!


経験者が舞う「二の舞」はさすが経験者、安定の迫力。

解説では「いっちょがえし」と言われていたんですが、「初の舞」に比べて短めの構成になっているそうです。

hiraoka2017_11.jpgセナの舞出し。
腰が落ちて
足が開いて
腕が伸びてるのは
かっこいい。

素人目ですが、こういう決めポーズは嬉しい。



弓くぐり
hiraoka2017_12.jpg腕をいっぱいに伸ばして弓を引く(っていうのか?)のが
かっこいいと思うんだ!



(みんな大好き)眠りの舞の準備。
hiraoka2017_13.jpgお手伝いの少年がゴザを敷きにきます。

たぶん、この子は以前見たときはもっと小さかった子。
背が随分伸びてたり、顔つきが大人っぽくなっていたりして
ほんと親戚でもなんでもないのにグッときました。


大人の方々が「もっと後ろ」とか「もっと前」
とか助言をしていたのですが、
「それじゃあ起きた時に雌獅子と目が合わないよ」
という言葉がかけられていました。

起きたときに目が合う。



起きたときに目が合う。



こりゃあドラマチックだぜ。
いいこと聞いた。



起きた。
hiraoka2017_14.jpg(これは初の舞のジジ)

私と目が合った。(ような気がした)





今回は二の舞の途中で離脱してしまったので
楽しい餅まきは参加できませんでした。残念。

ここの餅まき、すっごい量をまいてくれるのでものすごく白熱するのですが、残念。





最後にほんとどうでもいいことなのかもしれないのですが、
楽人さんの、この笛の差し方が可愛らしいので共有したいです。
hiraoka2017_15.jpg
首が押されるから? ちょっと猫背になるんだよね。

笛界ではメジャーな持ち方なのでしょうか。

博識な方、お待ちしております。





久しぶりだから忘れていただけなのか見物人もカメラマンも
こんなだったっけ?
と思うほどのたくさんの人出。

愛されてる〜。

行け行けgo-go、竜角寺。

先日の矢口獅子舞のあと、せっかくなので龍角寺まで漕いできました。
自転車を!

ガチの輪行家(とかいうのかな)からはヌルすぎてお話にならない程度なのですが
せっかく12kgの自転車を担いで安食まで来たのですし。

龍角寺
千葉県 印旛郡栄町 龍角寺239



竜角寺についての情報は
「千葉県公式観光情報サイト-まるごとe! ちば-」(http://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/5765)
「龍角寺の七不思議 [千葉県栄町公式ホームページ]」(http://www.town.sakae.chiba.jp/index.php?code=1250)
「龍角寺の「龍伝説」 [千葉県栄町公式ホームページ]」(http://www.town.sakae.chiba.jp/index.php?code=1988)
とかをどうぞ。(念のため)


矢口獅子舞の行われる一之宮神社(印旛郡栄町矢口1)から龍角寺(印旛郡栄町龍角寺239)までは
みんな大好きgooglemapで4.6km
徒歩で約60分の行程です。

お立ち寄りサイクリングにはもってこいの距離。

道のりでいくつも見かける指標。
yako2017_19.jpg




以外に坂が多いぞ!
息がきれるぞ!


ついには降りて引いちゃったぞ!





で、google先生のいう通りに到着。
決して大きくはないんですがたいへんきれいにしてありました。

yako2017_20.jpg



入り口左手にある案内板。
yako2017_21.jpg
ちゃんと英語の解説もありました。

O・MO・TE・NA・SHI



もちろん御本尊を拝観することはできません。
yako2017_22.jpg

ウロウロ徘徊しながら
「ここに人のために雨を降らせて三分割されてしまった龍の頭が落ちたのか…」
(龍伝説より)
と親切な龍に想いを馳せたりするのが醍醐味です。




金堂跡。
yako2017_23.jpg
うん!
盛り上がってる!(物理)



たいへん地味ですが、このあとまっすぐ安食駅まで戻って普通に帰宅。
なぜならライトを忘れてしまったのでけっこう焦ったから。

我が輪行道はまだまだ課題が山積みです。



とてもお天気に恵まれた日で、到着する頃には喉がカラカラだったのですが
ここで先ほど訪れた矢口獅子舞でいただいたペットボトル飲料がたいへん身にしみました。(文字通り)
でも、飲み物何にも持っていなくてもすぐそばの商店に自動販売機ありましたので
命の安全は確保できます。

前回に引き続き飲み食いの話で終わります。
プロフィール

ノギ

Author:ノギ
獅子舞が好きな千葉県民。

ふりうやかい
http://huriuyakai.web.fc2.com

最新記事
ついったー
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR