麻賀多神社例祭(麻賀多神社の獅子舞)


maka00.jpg

麻賀多神社例祭に獅子舞を見に行ってきました。
私は境内の神楽殿で拝見したのですが、鳥居河岸でも奉納されているそうです。


麻賀多神社例祭(掲出されていたポスターには「祗園祭」とありました)
千葉県成田市台方1 (麻賀多神社)
毎年7月最終日曜日
9:50~奉納獅子舞
その後神輿渡御、山車の引き回し等



豊作祈願と悪魔払いの祭りで奉納される獅子舞です。




獅子舞がいつ頃から始まったのかは不明ですが、
一説では今から360年ほど前の寛永年間に伊勢の大神楽がこの地に伝えられたとされています。


雄獅子と雌獅子がいて、神楽殿で踊ります。

はじめは雄獅子。
maka01.jpg
力強い動き。



はじめは何も持たずに踊ります。
maka02.jpg
弊も鈴も刀もなしはちょっと珍しいんじゃないかな!

キレのある動き、ステキです。



次に弊を持って
maka03.jpg


鈴を持って
maka04.jpg


四つ足。
maka05.jpg



胴幕の縞模様、配色は違えど伊勢太神楽のそれにそっくりじゃないですか?
maka06.jpg
毛卍紋が入っていたり赤と緑になっていたりしますが、この地面と平行に入る縞は

伊勢の太神楽とそっくりじゃないですか

いかつい顔立ちとかも、それを彷彿とさせます。




次に雌獅子が登場。
maka07.jpg
資料でビジュアルを見てからいちどこの目で拝見したいと思っていた念願の獅子舞。

実際目の当たりにすると予想以上に女性らしい獅子に大歓喜と相成りました。

めっっちゃかわいい。
なんだこれ!


雌もはじめは素手で、次に幣束をもって踊ります。
maka08.jpg


静止画なんで伝わりませんが、後ろの介添人が獅子と同じステップで動きます。
maka09.jpg
まあこれがかっこいいんで見て欲しい。



そして鈴。
maka10.jpg
雌の獅子頭は雄に比べるとすっきりとしたシンプルな形。

ここではどうだかわかりませんが(聞けばよかった。聞いていません。)
「雄の方が派手なのは動物の多くがそうだから」ということもあるみたい。
どこで聞いたんだっけな…(不確かか





お行儀よく座った獅子の手踊。
maka11.jpg
可憐。
愛らしい。
かわいい。




雌の四つ足。
maka12.jpg雄とはまた違ったデザインの胴幕です。

縞の入り方が違います。

タテガミも雄は獅子頭についているようですが、
雌の方は胴幕の方に広範囲についています。

キャラが立ってる。



最後に幕をあげた雌の踊りで獅子舞は終了です。
maka13.jpg



獅子舞のあとに神輿の渡御。
maka14.jpg




担ぐ前に神事が行われるのですが、その時にいらした裃と袴のお偉方(なんだろうと思う)の装束がたいへんステキだったので驚いた。
maka15.jpg




と思ったら帽子の裏にこんな書付が。
maka16.jpg
神社の備品てこと?
麻賀多神社、おしゃれですか!


袴についた紋は麻賀多神社の麻をモチーフにしたもの。



神輿が出て行ってしまうと境内はとても静かになります。
神輿のほかに、山車の引き回し等も行われますので、お好きな方にはこちらもおすすめです。



残念ながら今回は拝殿の建て替え工事のため拝観は叶わなかったのですが、ぐるっと散策はしてきました。



こちらは「日本で唯一」と言われている天日津久神をお祀りした天日津久神社。
maka17.jpg


樹齢1300年と言われる大杉もあったりして
麻賀多神社は昨今パワースポットとして注目されているとかなんとか。

帰りがけに落し物をしてしまったのですがあっという間に見つかったので
零感、ノースピリチュアルな私でもご利益はあったようです。



ほかの「パワースポット」といわれる場所同様、たいへん涼しいというのは間違いない。
この日は小雨が降っていたので夏だというのに肌寒いくらいでした。







最後にどうでもいい話。
けっこういろんなところでいっているんですが「パワースポット=涼しいところ」説はこれからも強く訴えていきたいと思います。

新市場神楽

niijiba201601.jpg
香取市の新市場神楽(にいじばかぐら)に行ってきました。


新市場神楽
12月23日 11:00〜12:00
香取市新市場332(天宮神社)



事前に香取市教育委員会生涯学習課に問い合わせをしたところ
「車で来るなら駐車スペースの確保ができないから香取神宮の駐車場を利用するといい」
という言をいただいたので素直に従います。

niijiba201602.jpg
いつ見てもそこはかとなくとても中華な香取神宮看板。



niijiba201603.jpg
ちょっと早めに着いたので停めさせていただいているし参拝。
お休みの日ですがお宮参りの赤ちゃん一行がちらほらいるくらいでけっこう空いている。



niijiba201604.jpg
大祓の茅の輪があったのですが、人形(ひとがた)はやってきませんでした。
大事なところで手落ちであるよ。




神楽の奉納される天宮神社までは徒歩で10分くらい。
目標は特にないんですけど簡単な道です。
niijiba201605.jpg

小ぶりな神社ですがたいへんきれいに手入れされておりました。
清々しい!


niijiba201606.jpg



niijiba201607.jpg
11:00になると支度をした一行がお囃子とともにやってきます。



niijiba201608.jpg
はじめに祝詞と当番引継ぎのくじ引き(神事)が行われます。



niijiba201609.jpg
はじめに獅子。
これはたぶん「布舞」



niijiba201610.jpg
獅子が弊や鈴を持って厳かに舞う「幣束舞」「鈴舞」。



niijiba201611.jpg
胴幕の中に大勢が入った「怒りの舞」。



niijiba201612.jpg
さっきまでの静かな動きとは対照的な猛々しい動き。

イェーーー!(とかは言わない)


保存会の方のお話ではこの日の獅子頭の他にもうひとつある、とのこと。
もうひとつは大きめで重たいので舞に用いるのはたいへんなものなんですって。
たぶんこれ、今年の4月にあった千葉県香取市里神楽演舞会で「魔導舞」が披露された時の獅子頭ではないかと思う。

だとしたら、装飾の少ないシンプルな頭です。

そしてこちらの獅子はメスだそうです。
「ぜんぜんおしとやかじゃないけどね。」とのこと。

「今日の派手なのはオスかな。動物ってオスの方が派手でメスは地味ていうのが多いでしょう?」
(的な話をしてくれた)


衝撃。圧倒的衝撃。


今まで獅子頭について
・小さく丸くてシンプルな方がメス。権九郎と言われたりする。
・装飾的で角ばった大きめなものがオス。宇津と言われたりする。
くらいの知識はあったのですが

漠然と
なんでだろう〜〜?
くらいの疑問しか持ってませんでした。

「動物ってオスの方が派手でメスは地味ていうのが多いでしょう?」

まじかよ!
みんな知ってた⁉︎

常識だった⁈

気づいてた⁉︎



獅子舞の雌雄には諸説ありまくることは周知の事実なのですが、そのひとつの解釈としてすっげーまじすっげー大事なことを教わりました。
これからは積極的に広めていこうと思います。どこかに。



そして鳥刺
niijiba201613.jpg
鷹狩りの鷹の餌になる小鳥を鳥もち竿で捕る役のこと。
鳥は刺しません。



niijiba201614.jpg
これに口上と合いの手が入るコントみたいなもの。(乱暴な解釈)


おっとどっこい今日の日はな
夜鷹という鳥はケチな鳥で(略)

この文字にかんまえて
この調子にやらかして
刺そうと思ったら逃げられた〜


など
鳥刺があの手この手で小鳥を取ろうとするもことごとく逃げられてしまうというコミカルなもの。


伝承は口伝であるため、口上を一覧できる文字資料などはないそうです。(あるのかな)
「ビデオ見て覚えたり〜」とかもおっしゃっていた。



niijiba201615.jpg
最終的に「小林の朝比奈」(?と聞こえたが。)と名乗る青年ともみ合いになっておしまい。

鳴りやまぬ拍手。
でも特にアンコールとかはないです。



niijiba201616.jpg
来た時と同じく退場していく一行。
この日は落ち葉焚きの煙が霞のように漂って神秘的な雰囲気を醸し出していました。
煙、ちょっといい匂いだった。

あとものすごくお囃子が上手だったような気がします。
佐原囃子ってこと?(佐原囃子は日本三大囃子の一つで重要無形民俗文化財)

この日で一気にお囃子に興味がわきました。
勉強することが増えたぞ。


お土産に
箱ティッシュ
みかん
お茶
をいただきました。

ありがとうございます。




niijiba201617.jpg
帰りはまた香取神宮の駐車場までもどり、参道にある「亀甲堂」さんでご飯食べて厄落としだんご買ってきました。
お蕎麦美味しかった。



これで2016年の獅子舞見物は終わりです。
来年もたくさん見に行けますように。

良いお年を!

関万歳 屋形の獅子舞/西ノ下の獅子舞

前回の「関万歳」の続きです。

改めて
関万歳(せきまんざい)
千葉県山武郡九十九里町片貝5159(皇産霊神社)
2月11日
郷土芸能披露は
13:00 須原の羯鼓舞
14:00 屋形の獅子舞
15:00 西ノ下の獅子舞





1度目の餅まきが終わり、ほどなくして次の演舞。

14:00からの郷土芸能ふたつめは屋形(やかた)の獅子舞です。
2016sekibanzai10.jpg


2016sekibanzai11.jpg刀と鈴を両手持ち。


2016sekibanzai12.jpg胴幕には大きな牡丹が描かれています。
牡丹の花の真ん中には「屋」の文字が。

「唐獅子牡丹」というくらいですので獅子の幕に牡丹が描かれているのは珍しくないと思うのですが、ここの牡丹はがある。茎っていうか

花から


やはり先の須原の羯鼓舞同様、数組がかわるがわる交代で演舞を披露します。

2016sekibanzai21.jpg子ども組もいました。

ちなみに舞台全景はこんな感じ。
ブルーシートが本当に謎。
なんだろう、合成画像とかは作りやすそう。

鉄骨の骨組みにせめて紅白テープが巻かれていることでいくぶん寂しさは和らいでいる気がします。
お気づきかとは思いますが写真を撮ろうとすると横の鉄骨がたいへん大胆に写り込む仕様となっております。



最後の組はすっごい元気で上手だった!
北之幸谷の獅子舞もそうなんだけど東金市の獅子舞はどうなっているのか。
なぜこんなにもレベルが高いのか。

本当にありがとうございます。
2016sekibanzai22.jpg足袋が可愛い。


2016sekibanzai13.jpg
   * * * * * バイカラーの足袋がかわいい! * * * * *

右が前の人で左側が後ろの人の足。反対側は配色が逆なので獅子の内側が赤で外側が水色です。

左右や内外を意識させるこの配色、見る人が(中の演者さんで)前後にわけてしまいがちな獅子の体にうまく一体感をもたせているように思います。
初めて見たときにとてもステキと思った演出。

配色も好き。


2016sekibanzai14.jpg牡丹。

このとき、獅子は口から紙吹雪を吐きます。
東金の獅子舞は口から紙吹雪が出ます。



2016sekibanzai15.jpg屋形の獅子舞は法被もヤンチャでかっこいい。
唐獅子牡丹だよ!



2016sekibanzai03.jpg14:30から再び餅まき。



15:00からは西ノ下の獅子舞
披露されるのは「芝獅子」と「○×△(スピーカーが割れて聞き取れない)……」と解説があります。聞き取れないんだけどね。
2016sekibanzai16.jpgここははじめが大き子ども→ちっちゃい子ども→大人の三組が披露されました。(と思う)
こちらも屋形と同様、御幣と鈴を両手持ち。



2016sekibanzai17.jpg下の歯が上の歯の内側におさまっていたので、これはきっと上総獅子頭といわれるものであろう。


2016sekibanzai18.jpg最後ひょっとこも登場しての「玉釣り」。ひょっとこが獅子にちょっかいを出してさんざん怯えながらも獅子を釣り上げるという演目です。

西ノ下の胴幕はやはり牡丹ですが、こちらには幹はなく、ツタのようなものが伸びています。毛卍紋もあり。


2016sekibanzai19.jpg釣られる獅子。さんざん暴れた後なので可愛さもひとしおな獅子。

こちらの獅子に関しては図書館などに映像資料があります。
普段は村周りがメインの獅子だそうで。


2016sekibanzai20.jpg各団体演舞が終わると太鼓台(ここでは山車と呼ばれていた)を引っ張ってお囃子とともに退場していきます。画像は鳥居の外に並ぶたくさんの屋台の前を通る西ノ下のご一行。

たくさん屋台が出ているのでいろいろつまみ食いできて楽しいです。
唐揚げが美味しかった。


2016sekibanzai03.jpg
そして餅まき。


ここの餅には札が入っているものがあって、その札は引換所で景品と引き換えられます。ティッシュとか洗剤とか生活用品です。殺気立っているひともいるけど、のほほんとしていてもゲット可能。大量に撒かれるから!

地元の人が羨ましい。
こんないい祭りがあって東金市が羨ましい。






【交通案内】
JR外房線東金駅から本須賀行のバスに乗って「前里」下車、降りてすぐ進行方向左側に「皇産霊神社参道」の看板があります。バス停の道路挟んで向かい側にはコンビニがあるので、ここの駐車場に車を止めている人がけっこういたみたいです。
ものすごく近くまで行きますが本数が少ない(1時間に1〜2本)ため自分の好きな時間に都合がつくかっていうとそれは無理
どうも千葉駅まで行き来している「急行九十九里ライナー」もあるみたいなのでこちらも便利。

神社敷地内にもトイレはありますがなかなかに野生な感じなので耐えられない人はコンビニまで歩くのも十分可能です。


2016東光院初詣

あけましておめでとうございます。
さっそく今年も初詣で獅子舞、見てきました。

平山囃子連
千葉県千葉市緑区平山町278(東光院
獅子舞は3が日 10時、11時、12時、13時、14時、15時、16時のご祈祷の後




2015tokoin02.jpg

千葉の郷土芸能を見に行く人なら誰でも知ってる
超有名サイト「房総の祭時記」さんで情報を得たので
今年は東光院さんに初詣に行ってきました。

到着したのは12時ぴったりくらい。
駐車場は思ったよりも空いていて、すぐに入れます。

2015tokoin03.jpg

本殿向かって左側に舞台。
本殿からスピーカーで流れてくるご祈祷が終わった後に獅子舞。


2015tokoin04.jpg

ピッカピカの獅子頭。
お顔はけっこう穏やかな癒し系。

耳が取れそうなのがとてもドキドキしました。

2015tokoin05.jpg

なにはともあれ快晴の元
新年早々に獅子舞が見られて幸せー。

2015tokoin01.jpg

あっという間に舞は終了。
その後餅まき。
ついでにうまい棒も撒かれてました。
それが終わるとあっという間に人がはけてすっきり。


今年もよろしくお願いいたします。

鹿野山のはしご獅子舞 その2

前回の続きです。

ちょろっと書いたのですが、この日私は
さとう柏花さんとお会いしました。
「獅子舞が好きな女性が主人公の漫画を描くので話が聞きたい」
とのことでなぜか白羽の矢が立ったのが私。

少し前からメールで連絡を取り合っていたのですが、この日一緒に獅子舞見物→お話の予定でスケジューリング。実物も素敵な方でした。
実は「獅子舞大好き!」でさらに創作活動をしているという女性の実物を見たのが初めてて

ラピュタは本当にあったんだ!
父さんは嘘つきじゃなかった!


という気持ちになりました。

その後、獅子舞が終わりあっさりと引き上げるドライな観客たちに逆らって
「白鳥神社に行こう!」
「ヒマそうな保存会の人がいたらちょっと話を聞いてみよう!」
などと、諦めきれないでいると


「獅子舞お好きなんですか?」
と、ニコニコの男性が。

ハテ、この人どっかで見たことあるぞ


「私、埼玉で獅子博物館をやってます」という高橋さん
でした。


そりゃ見たことあるよ!
客席から見ましたよ!
壇上で見ましたよ!



去年の獅子舞シンポジウム行きました!
すごく良かったです!


たくさんお話させていただきました。
高橋さんは、柔和で、気さくで、獅子舞愛にあふれる方でした。
「お会いしたことをブログに書いてもいいですか?」
とお問い合わせしたところ、「いいですよ」どころか画像までいただきました。

s-DSC03317.jpg
高橋さん撮影。来賓席の後ろあたりの位置より



s-DSC03330.jpg
高橋さん撮影。正面よりの「しゃちほこ立ち」


千葉県内中心にしか動いていない私にとっては感動と驚愕の連続でしかない貴重な獅子舞話が聞けて
ほんと…もう…感無量。
隣では柏花さんが猛烈な勢いでメモを取っていました。

高橋さん、現在は来る年末12月6日に予定されている獅子博物館のイベント「獅子博物館表彰式」で
会津の小松彼岸獅子
岐阜の数河獅子
新潟の桟俵神楽
埼玉の古久喜のささら獅子舞

を招聘すべく、ご尽力の真っ最中です。


いただいたお名刺にも
ほれ、このとおり。
img231.jpg



はしご獅子舞は終わるとあっという間に人がはけて、開催側は宴会に突入。

その横でわたしたちはしばらくおしゃべり。

さらに解散した後、柏花さんと君津駅周辺で3時間くらいずっと獅子舞の話。


とても楽しかったです。


さとう柏花さんの獅子舞ガール(仮)、連載始まるの楽しみにしてます。
私の話、何の参考にもならなかったら申し訳ないです。

超応援








獅子博物館では現在会員募集中とのこと。
年2回以上の博物館ニュースに加え、会員は通年獅子博物館に無料で入館できるそうです。

というわけで、入会してみました。

獅子博物館ニュース2015年4月1日号は
季節ごとのイベントの詳細報告
博物館の活動報告
さらに館長の特別論考「当館が一人立ち三頭獅子舞という呼称を用いるわけ」
がはいってカラー20p。画像多数。

一回飲みに行ったら5000円くらいでしょ。
その半分で一年間獅子舞情報を楽しめるならなかなかお得。(なんだこの算用)

曰く、現在はあまり広報活動をされていないとのことです。もったいない。
そんな獅子博物館は
一般540円
大学・高校生320円
中学生以下無料
開館時間は9時~17時(入館は16時まで)
で、事前予約が必要。
JR宇都宮線白岡駅東口から徒歩約7分
〒349-0217 埼玉県白岡市小久喜1262-8
TEL:0480-92-9105



ちなみにうちからは片道2時間以上かかります。




今回は獅子舞もとってもよかった上に
獅子舞に思い入れのある方と会えた上に
獅子舞の話がたくさんできて嬉しかったです。

という自慢話です。

こういったご縁くださった獅子の神様ありがとうございます。

終わり。
プロフィール

ノギ

Author:ノギ
獅子舞が好きな千葉県民。

ふりうやかい
http://huriuyakai.web.fc2.com

最新記事
ついったー
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR