壽獅子

あけましておめでとうございます。
と、書いているのは2月16日。

節分どころかバレンタインもとっくに過ぎたところです。



まあいいや。
このブログじたいが自分の備忘録なのですし。
記録することが重要なのですし。



さて、2014年の初獅子は、千葉市美術館の新春イベントに来ていた登戸囃子連の寿獅子です。
1月4日、美術館が開館すると同時に獅子舞が出迎えてくれる、という粋な計らい。

登渡神社登戸囃子連は登戸地区の祭囃子や神楽を継承している団体だそうです。
獅子舞は登渡神社にて年越しで元旦に舞われたり、節分で奉納されたりするそうです。そして、今回のような出張も。



赤いのとー

登戸神社赤


金色のがいます。
登戸神社金


玉にじゃれたり、人にじゃれたりしていて、動きは基本コミカルでかわいい。
お囃子も、いかにもおめでたい感じの軽快なリズムです。
獅子頭はたてがみの生え際にぐるっと鈴がついていて(まさに鈴なり)頭を振るとしゃん!しゃん!と音がします。
道化役にひょっとこや大黒様もおられますが、笛や太鼓や獅子の中と兼任されていますので、同時に全員が登場することはないです。忙しいです。

こちらのお囃子は江戸囃子(葛西囃子)の流れを汲むものらしい。そして、検見川神社の神楽も同系統なのだそうです。ご近所!

で、先日江戸東京博物館の映像資料でみたのですが、
「寿獅子」=「邪気を払う獅子」→「いいことを呼び込む獅子」ってことなんだと。

「悪いことがなくなったよ!」
 ↓
「いいことばっかりだよ!」

……極論である。

普通はないのか。でも景気がよくて素敵。
江戸博の資料では、大陸→伊勢神宮/熱田神宮→西日本→東日本と変容しながら伝播したそうです。
江戸に来る頃には太神楽となっていろんな曲芸要素満載で、門付とかしながら邪気を払いまくっていたとかなんとか。

とりあえず、正月早々

寿!
寿!
でよい年明けでございました。

今年もよろしく!
プロフィール

ノギ

Author:ノギ
獅子舞が好きな千葉県民。

ふりうやかい
http://huriuyakai.web.fc2.com

最新記事
ついったー
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR