第10回 全国獅子舞シンポジウム

さて、今回も寝かせたネタです。

第10回 全国獅子舞シンポジウム
日時 2014年6月1日 12:30〜16:00
場所 埼玉県白岡市中央公民館一階講堂
テーマ「一人立ち三頭獅子舞 各地での成立の背景を探る」

獅子舞のシンポジウムと聞いて、勇んでいって来ました。白岡市!
家から遠いよ、白岡市!
片道2時間半だよ、白岡市!

そんなことはいい。

会場入口で資料代1000円を支払うと、とても立派な冊子がいただけました。
カラーページありの72p。
simpo06.jpg

発表者の担当ページによってフォーマットが違っていたり、地名に誤字があったりするところがなんか

こう……

萌えた。


完璧すぎないところが、民俗芸能らしいというか。
大組織とか、お仕着せではない、ほとばしる情熱みたいなものがそこかしこに溢れているようで。



この日は
埼玉県白岡市小久喜のささら獅子舞(白岡市指定無形民俗文化財)
青森県平川市尾崎の獅子踊(青森県指定民俗文化財)
の実演がありました。

恐れ多くも受付の方に
「写真とってもいいですか?」
とお聞きしたところ、まさかの

「いいですよ」

やったー。

というわけで撮らせていただきました。

まず、白岡市小久喜のささら獅子舞

simpo01.jpg

端正な顔立ちの頭
豊かな羽飾り
馬乗袴、というのでしょうか。裾のひろい袴

好みです

こちらは「天狗様」と呼ばれる先導役がいらっしゃいました。
天狗様は獅子役の先輩が勤めるそうです。
踊りは激しく力強い印象。何度もジャンプがあってダイナミックでした。

simpo02.jpg






お次に
青森県平川市尾崎の獅子踊
simpo03.jpg

密かに憧れていた熊獅子です。
熊!熊!!

頭のてっぺんにお皿があります。
三匹違う模様。かわいい。
simpo04.jpg
!!
simpo05.jpg

演目はシシ踊りに近い気がしました。
宮沢賢治の「鹿踊りのはじまり」思い出します。

先導役の「オカシコ」と呼ばれる道化役で、鉦をならしながら踊ります。
曲調はテンポ早めで動きも俊敏。
大きな幕で隠れますが、獅子は太鼓もつけています(小さめ)。





踊りのあとに研究発表でした。

第一部
1.青森県の津軽獅子踊(舞)の成り立ち
2.福島県における一人立ちの獅子舞の伝来時期と経路
3.埼玉県の獅子舞 歴史資料と代表的獅子舞
4.一人立ち三頭獅子舞分布域の南限に関する一考察
5.掛川祭りの獅子舞

第二部
パネルディスカッション


研究発表はおひとり20分ととても短かったのですがものすごく勉強になったし面白かったです。
各保存会の方々も大勢いらしていて、1度途絶えてしまった獅子舞を復活させるという内容の話なども聞けて
このイベント
とてもお得!

第11回も楽しみにしています!



残念なのはシンポジウム中に携帯の充電が切れてしまって
そんなときに限って予備電源もカラで

獅子博物館に行けなかった…

そう。
私はスマホのgooglemapなしでは道に迷いまくるのです。
もし私が鮭だったら生まれた川に帰れなくて沿岸でウロウロしているところを釣り人に釣られていたであろう。
というくらいには方向に自信がありません。ドヤ。
これに関してはgoogle様様でございます。
本当に人間でよかった。
渡り鳥とかじゃなくてよかった。

でも、獅子博物館を諦めざるを得なかったのは悔しかった。


再挑戦を心に誓ったJR宇都宮線の中でした。


平岡 鳥見神社の獅子舞2014

さる5月3日、印西市平岡 鳥見神社の獅子舞に行ってまいりました。

これは平岡鳥見神社の春の例大祭に、苗代の種まきが終わるころ(オコト)に悪魔払いと豊作を祈願して、奉納されるもの。獅子舞の上手下手で豊凶を占ったとの口伝も残されています。

tomi2014_00.jpg

去年も行ったよ。よかったよ!
今回はちゃんと演目もメモしてきました。
1.ボッコミ
2.初の舞(カカ)
3.二の舞(カカ)
4.舞出し(セナ)
5.初の舞(セナ)
6.二の舞(セナ)
7.舞出し(ジジ)
8.初の舞(ジジ)
9.二の舞(ジジ)
10.弓くぐり(ジジ)
11.眠りの舞
12.大廻りの舞
13.勇み三角の舞
14.蚯蚓拾いの舞
15.喧嘩の舞
16.仲三角の舞
17.喧嘩の舞
18.仲直り三角の舞
19.大廻りの舞
20.籤の舞
以上。




カカ(女獅子)
頭の飾り羽が短め、茶色と黒。
角はなしで襦袢や背中の帯がピンク、赤系統です。
tomi2014_01.jpg



セナ(子獅子)
頭の飾り羽はふさふさで真っ黒。
尖り角あり。襦袢は寒色。
tomi2014_02.jpg



ジジ(親獅子)
頭の飾り羽はフサフサで白いものが混じります。老。
捩れ角あり。襦袢は渋い黒っぽいもの。
tomi2014_03.jpg


弓くぐり
これは結界を超える、とか特別な力を示す、という意味があるみたいです。と、図書館にあった映像資料で説明されていました。
tomi2014_04.jpg


眠りの舞
疲れて眠ってしまったジジが眠りから目覚めるまでの様子。
ゆったりとした感じ。
tomi2014_05.jpg


蚯蚓拾いの舞。
食べ物を探している様子なんだって。
tomi2014_06.jpg


喧嘩の舞。
女獅子争いです。
tomi2014_07.jpg

拝殿前の幣束の近くまで追いやります。
tomi2014_08.jpg

舞は全演目で40分くらい。
ストーリーがはっきりしているので劇としてもおもしろいです。跳んだりはねたりはありませんが、廻る動きのときはとくに背中の帯が揺れて美しい。
はじめに一組、次に巫女舞(浦安の舞)があって最後に獅子舞がもう一組舞います。

最後に餅撒きがあります。
なんと3000個も撒かれます。
ごちそうさま!




備忘メモ
平岡 鳥見神社の獅子舞
開催地:印西市平岡1476 鳥見神社
交通:JR成田線木下駅からふれあいバス東ルート「平岡集会所」下車徒歩5分
   *歩いても20〜30分くらい。バスは少ないので歩くつもりの方が確実。小林駅からも行けます。
時間:13:00〜(神事と挨拶などからはじまります)

天気がいいと暑いくらいの陽気ですが、境内は木陰なので寒いくらいです。
羽織れるものがあると便利。
神社の近くにはコンビニなどありませんのでご覚悟を。


プロフィール

ノギ

Author:ノギ
獅子舞が好きな千葉県民。

ふりうやかい
http://huriuyakai.web.fc2.com

最新記事
ついったー
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR