墨獅子舞

墨獅子舞
開催地:印旛郡酒々井町墨(六所神社)
日時:7月20日(7月第3日曜日) 17:00〜19:00頃まで

上岩橋の獅子舞に続いて、酒々井に獅子舞を見に行ってきました。
前日にも酒々井で馬橋の獅子舞があったのですが、都合がつかず。酒々井シリーズコンプリートならず。
(酒々井では3つの獅子舞が開催されています。)来年も頑張ります。

墨獅子舞は、享保十九年(一七三四)に出羽国羽黒山の修験者が伝えたと言われており、これは別名アマジシとも呼ばれ、雨乞いや五穀豊穣、村内安全を祈願する舞です。
雄獅子・中獅子・雌獅子と猿が一匹おり、太鼓・笛の囃子方がつきます。
舞は、「芝獅(しばじし)子」「猿獅子(さるじし)」「幣束獅子(へいそくじし)」「剣の舞(つるぎまい)」「足揃(あしそろ)え」などがあります。
 墨獅子舞には、「千早ふる神の鳥居を通るとき忌み(ゆみ)も臓れも消え失せにけり」「名主様は果報者なれば孫彦(曾孫)揃えて百万石御支配なさる」などの唄が入るのが特徴です。




さて、今回も電車と徒歩で行きました。南酒々井の駅から徒歩で30分弱。
行きは道すがらの木々が日光を遮ってくれるので夏場でも快適でした。
駅前と神社近辺にはコンビニはありません。途中セブンイレブンがあったので、ご用事があればそこで。
どうやらお手洗いは神社の向かいにある集会所でお借りできるようなのですが
なんか…はじめっから期待していくのは図々しい気がして使ってはおりません。
脆弱なトイレレポートでごめんね!

六所神社の入口にはこんな立て看板が。
sumi01.jpg


こちら神社の入口。
高いのぼりが立っています。
sumi02.jpg


六所神社。
向かって左側で獅子舞たちがスタンバっています。
休憩や交代もこちら。
sumi03.jpg


もりもりの幣束
sumi04.jpg


でっかい花笠は神社向かって左側。おくに笛と太鼓がおられます。
sumi05.jpg


はじめはみんなで舞い、そのあと一匹ずつが舞います。
こちらは雌獅子。角がありません。
sumi06.jpg

奇跡の一枚。なんか奥の中獅子の顔を握っているように見えます。
実際はそんなことありません。
sumi07.jpg

こちらの右端が中獅子。平たいまっすぐな角があります。
sumi08.jpg

雄獅子。先端にいくにしたがって太くなる捩り角が特徴。
sumi09.jpg

跳んだりはねたりの大きな上下動は見られなかったのですが(ステップはあり)
手の動きがぴしっとしていて優雅な感じでした。獅子ごとに指先の形がちがうのは見逃さなかった!
バチを持っていないからこその指先かしら。とか思いました。

猿。セクシーな棒は刻みがついていてこれでササラをすっていました。
sumi10.jpg


幣束の舞。
もりもりの大きな幣束の前においてあったミニ幣束を両手に持って舞います。
sumi11.jpg





さて、今回ここまでで諦めてかえってしまったのですが、その理由は

道のり。

こんな感じの心細い街頭のある道路を延々歩くのです。
sumi12.jpg


駅まではさらに暗がりの多い、両端が木々に囲まれた林だか森だかのようなさらに暗い道を通るので
なるべく日のあるうちに帰りたかったのです。小心者。
だってこんなのがいて目が合っちゃったら次の日仕事に行けないですから。
sumi14.jpg

こんなの。
sumi15.jpg


そして命からがらたどり着いた南酒々井駅。
もちろん無人駅。でもsuicaが使えました。
sumi13.jpg




今回、黄昏時も相まっていつにもまして写真がよくないです。
もっと上手に撮られる方のブログなどではすばらしい写真も公開されているので「墨 獅子舞」で検索してください。

暗い 田舎道 怖い。


少なからず消化不良気味なので、後日資料を当たってみます。

プロフィール

ノギ

Author:ノギ
獅子舞が好きな千葉県民。

ふりうやかい
http://huriuyakai.web.fc2.com

最新記事
ついったー
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR