関万歳 屋形の獅子舞/西ノ下の獅子舞

前回の「関万歳」の続きです。

改めて
関万歳(せきまんざい)
千葉県山武郡九十九里町片貝5159(皇産霊神社)
2月11日
郷土芸能披露は
13:00 須原の羯鼓舞
14:00 屋形の獅子舞
15:00 西ノ下の獅子舞





1度目の餅まきが終わり、ほどなくして次の演舞。

14:00からの郷土芸能ふたつめは屋形(やかた)の獅子舞です。
2016sekibanzai10.jpg


2016sekibanzai11.jpg刀と鈴を両手持ち。


2016sekibanzai12.jpg胴幕には大きな牡丹が描かれています。
牡丹の花の真ん中には「屋」の文字が。

「唐獅子牡丹」というくらいですので獅子の幕に牡丹が描かれているのは珍しくないと思うのですが、ここの牡丹はがある。茎っていうか

花から


やはり先の須原の羯鼓舞同様、数組がかわるがわる交代で演舞を披露します。

2016sekibanzai21.jpg子ども組もいました。

ちなみに舞台全景はこんな感じ。
ブルーシートが本当に謎。
なんだろう、合成画像とかは作りやすそう。

鉄骨の骨組みにせめて紅白テープが巻かれていることでいくぶん寂しさは和らいでいる気がします。
お気づきかとは思いますが写真を撮ろうとすると横の鉄骨がたいへん大胆に写り込む仕様となっております。



最後の組はすっごい元気で上手だった!
北之幸谷の獅子舞もそうなんだけど東金市の獅子舞はどうなっているのか。
なぜこんなにもレベルが高いのか。

本当にありがとうございます。
2016sekibanzai22.jpg足袋が可愛い。


2016sekibanzai13.jpg
   * * * * * バイカラーの足袋がかわいい! * * * * *

右が前の人で左側が後ろの人の足。反対側は配色が逆なので獅子の内側が赤で外側が水色です。

左右や内外を意識させるこの配色、見る人が(中の演者さんで)前後にわけてしまいがちな獅子の体にうまく一体感をもたせているように思います。
初めて見たときにとてもステキと思った演出。

配色も好き。


2016sekibanzai14.jpg牡丹。

このとき、獅子は口から紙吹雪を吐きます。
東金の獅子舞は口から紙吹雪が出ます。



2016sekibanzai15.jpg屋形の獅子舞は法被もヤンチャでかっこいい。
唐獅子牡丹だよ!



2016sekibanzai03.jpg14:30から再び餅まき。



15:00からは西ノ下の獅子舞
披露されるのは「芝獅子」と「○×△(スピーカーが割れて聞き取れない)……」と解説があります。聞き取れないんだけどね。
2016sekibanzai16.jpgここははじめが大き子ども→ちっちゃい子ども→大人の三組が披露されました。(と思う)
こちらも屋形と同様、御幣と鈴を両手持ち。



2016sekibanzai17.jpg下の歯が上の歯の内側におさまっていたので、これはきっと上総獅子頭といわれるものであろう。


2016sekibanzai18.jpg最後ひょっとこも登場しての「玉釣り」。ひょっとこが獅子にちょっかいを出してさんざん怯えながらも獅子を釣り上げるという演目です。

西ノ下の胴幕はやはり牡丹ですが、こちらには幹はなく、ツタのようなものが伸びています。毛卍紋もあり。


2016sekibanzai19.jpg釣られる獅子。さんざん暴れた後なので可愛さもひとしおな獅子。

こちらの獅子に関しては図書館などに映像資料があります。
普段は村周りがメインの獅子だそうで。


2016sekibanzai20.jpg各団体演舞が終わると太鼓台(ここでは山車と呼ばれていた)を引っ張ってお囃子とともに退場していきます。画像は鳥居の外に並ぶたくさんの屋台の前を通る西ノ下のご一行。

たくさん屋台が出ているのでいろいろつまみ食いできて楽しいです。
唐揚げが美味しかった。


2016sekibanzai03.jpg
そして餅まき。


ここの餅には札が入っているものがあって、その札は引換所で景品と引き換えられます。ティッシュとか洗剤とか生活用品です。殺気立っているひともいるけど、のほほんとしていてもゲット可能。大量に撒かれるから!

地元の人が羨ましい。
こんないい祭りがあって東金市が羨ましい。






【交通案内】
JR外房線東金駅から本須賀行のバスに乗って「前里」下車、降りてすぐ進行方向左側に「皇産霊神社参道」の看板があります。バス停の道路挟んで向かい側にはコンビニがあるので、ここの駐車場に車を止めている人がけっこういたみたいです。
ものすごく近くまで行きますが本数が少ない(1時間に1〜2本)ため自分の好きな時間に都合がつくかっていうとそれは無理
どうも千葉駅まで行き来している「急行九十九里ライナー」もあるみたいなのでこちらも便利。

神社敷地内にもトイレはありますがなかなかに野生な感じなので耐えられない人はコンビニまで歩くのも十分可能です。


関万歳 須原の羯鼓舞

「関万歳」に行ってきました。

関万歳(せきばんざい)
千葉県山武郡九十九里町片貝5159(皇産霊神社)
2月11日
郷土芸能披露は
13:00 須原の羯鼓舞
14:00 屋形の獅子舞
15:00 西ノ下の獅子舞

寛政6年(1794年)、小関村と片貝村の水争いから堰を作り水を分け合うようになったことを祝ったことのお祭りだそう。
過去には漫才が行われたという伝承もあるそうです。
今回は長いので記事がふたつにわかれます。




2016sekibanzai01.jpg
九十九里浜も程近い、「皇産霊神社」です。
こちらの祭神は、天御中主神・高皇産靈神・神皇産靈神だそうですが「みむすびじんじゃ」ではなく「こうさんれいじんじゃ」と紹介されていました。
御朱印帳を忘れたので御朱印はいただいてません。しくじりー。



2016sekibanzai02.jpg手水舎にいい顔したのがいます。

龍神様か。

口からちょろちょろ出ている水の量なんかも手伝って思わず顔がほころぶお茶目さ
ふふ。



郷土芸能のひとつめは須原の羯鼓舞
2016sekibanzai04.jpgはじめは獅子頭が大きく見えるくらいの子どもチーム。小学生かな。
手で腿を軽く打つような動き。結構速い。
獅子たちの前に幣束が3本立っています。


次がもちょっと大きい子ども。中学生くらい?
2016sekibanzai05.jpg動きにキレと重みが出てきた感じ。

やっぱりけっこう速い。



3組目が大人。
2016sekibanzai06.jpg
さすが身体も大きいし迫力があって素敵。
重厚感と疾走感があるよ!

とここまで書いていて
「重さ×スピード×握力=破壊力」みたいな格言があったよな……なんだっけ?
と思ってググったら正解は「握力×スピード×体重=破壊力」で元ネタは花山薫でした。
人間の記憶、何がきっかけでどんな引き出しが開くかわからないものですね。




2016sekibanzai07.jpg手前の2匹には角があるから雄(だと思う)。
奥のは額の上に宝珠があるので雌(だと思う)。
幣束後方から雌が鈴と弊で踊って、幣束の横からたまに幣束の内側に入りながら雄たちが踊ります。

お囃子のリズムに合わせてずっと踊っている印象。
そういう演目を披露しているだけかもしれないけれど、ずっと動いているしっかり踊りです。変な日本語だ。踊りっぽい踊りなんだよ。これも変な日本語だ。
「まいがっこ(舞羯鼓?)」と紹介されていました。


2016sekibanzai08.jpgどこかでこういう動きの獅子舞を見たなあと思い出してみれば以前イベントで見た小野表谷の獅子舞がとても似ていました。
娘さんぽい柄の衣装とか頭の羽のつけ方とか耳の感じとかのデザインも似てる。

どちらも東金市。

で、どっちも羯鼓舞とか鞨子舞と名乗っているのに羯鼓を持っていないというのも共通点。


演舞が終わった後舞台の後ろをふらふら歩いていたら獅子に頭を噛んでもらえました。
ラッキー。
素晴らしいサービス。



ご披露が終わると餅まき。
餅まきやぐら(というのかどうかは知らないよ)から大量の餅が撒かれます。
2016sekibanzai09.jpg
この日は肩の強い肩がいたようでたまにものすごい豪速球がずっと後ろの方まで飛んでいました。雰囲気はあまり殺伐としていないのであまり前方に行かなければ呑気にしてても拾えました。
ただ、餅だと思って油断していると豪速球に撃ち抜かれてどこかを痛めます。



親方!空から大量の餅が!
2016sekibanzai03.jpg
とても興奮します。



次は屋形の獅子舞と西ノ下の獅子舞です。

comitia115

さる1月31日はcomitia115でした。スペースまで来てくださった方々本当にありがとうございます。
お昼過ぎには撤収してしまったのでもしお会いできなかった方がいらっしゃいましたらすみません。

次回5月は(何も予定がなければ)文学フリマとcomitia116に出店する予定です。
三匹獅子舞の見て調べてが少したまってきたので、在庫のなくなった三匹獅子舞編を加筆修正して持っていくつもりです。


以下自慢




ここから自慢なのですが、今回とても素晴らしい手ぬぐいをいただきました。
手ぬぐいもらった!

なんだこれー
縦にしても横にしても斜めにしても
かわいいなー


うれしい!

ここ二日くらいはプリンタの上にかけて飾っています。
作業の途中でちらっと横を見ると獅子と目が合う、という仕様です。

デュフフ。



ありがとうございました!
プロフィール

ノギ

Author:ノギ
獅子舞が好きな千葉県民。

ふりうやかい
http://huriuyakai.web.fc2.com

最新記事
ついったー
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR