矢口獅子舞2017

yako2017_01.jpg

昨年も行ってきました矢口獅子舞に今年も行ってきました。

矢口(やこう)獅子舞【一之宮神社のオコト祭】(伝承者:矢口獅子舞伝承会)
2016年4月16日 (日曜日)
千葉県印旛郡栄町矢口1(一之宮神社)
お祓い:13:00
ぶちこみ:14:00
獅子舞:14:40


yako2017_26.jpg
前回は微妙に遅刻してしまって見られなかった「ぶちこみ」。
今回はしかと初めから見られて、ほんと来てよかった。

鳥居から境内前までずーっと両脇に木々が続いています。
その間の細い参道を行列がいくという光景だけでも叙情的でグッときます。
もちろん、全部見た方がいい。(当たり前だ)


yako2017_03.jpg
行列は拝殿前まで来ると、ぐるっと大きく周ります。

拝殿の龍の彫刻もかっこいいのでおすすめである。
さすが龍伝説のある栄町。全然関係ないのかもしれないけど!

これでひと休憩。
その間に豚汁と甘酒のサービスがありました。
ペットボトル飲料もいただきました。
申し訳ないくらい手厚いです。
いいものを見せていただいているのはこちらなのに。(満腹)


yako2017_04.jpg
14:30を回った頃に獅子舞が始まります。
「ぶちこみ」で舞場まで入ってきたけれど、改めて灯篭前(というか篝火で囲われた範囲の外)から入ってくるというもの。


前半の「役獅子」が始まります。
yako2017_06.jpg



喧嘩
yako2017_07.jpg
今年も激しいよ!

Twitterで動画撮ったのもあげてたのですが(そしてそれを貼り付ける方法がいまいちわからないのですが)
がっつり組んだ雄獅子たちが一方を相撲のように投げ飛ばします。

激しい動きのためヘロヘロ気味になった獅子に
「そんなんじゃ今年の豊作が期待できないよ!」的な檄がとばされていました。
改めて農事の初めを祝う「オコト」を意識。(細かく感動する)



yako2017_08.jpg
軽快。



yako2017_09.jpg
今回の前半組の浴衣はオタフクの柄でした。
(昨年は前半組が紺地に白の纏柄、後半組がオタフク柄)




yako2017_10.jpg
ひと組目が終わって来場した子どもたちにお菓子を配る獅子

獅子…?
そう。獅子


子どもたちに配っておわると今度は大人に「大きい子どもも!」とくださいました。
もちろん断りません。

ありがとうございます




後半の「花おさめ
yako2017_11.jpg
やはり、舞初めは灯篭の向こうからやってきます。



yako2017_12.jpg
かっこいい。



yako2017_13.jpg
かっこいい。


わたくしごとですが今回は失敗した写真が少なかったです。
(当社比。いつもと比べて。)
ちゃんと写真が撮れると楽しいね。





クライマックスは「花」と呼ばれている大きな幣束を使った舞。
yako2017_25.jpg




yako2017_14.jpg
端をくくっている幕を下すのが合図。


いま文字を打って気がついたのですが
もしかしたら文字通り「幕を降ろす」演目でした。
そういう意味とかあるのかな。

こんど行ったときに聞いてみたいです。




「花」を高く放り投げて舞が終わります。
yako2017_16.jpg
前回はブレてしまって残念でしたが今年は撮れたよ〜
やったよ〜〜



最後は関係者が輪になって獅子を囲みます。
yako2017_17.jpg
「男のひとは全員集合〜」というようなことをお声がけなさっておられたので
関係者と関係者じゃないひとがいるのかもしれない。

「獅子が逃げないように」
とのことです。

獅子、逃げるの?

どういう解釈なのでしょう。
吉兆とか瑞獣みたいなものなの?



これのあと
「一之宮神社の獅子とヒトツ」〽︎
と数え歌が入って

獅子たちが胴上げされておしまいです。
yako2017_18.jpg

めでたい。






yako2017_24.jpg
今年のお菓子。
すっげー入ってました。私が小学生だったら半年くらいニヤけることができる量。
もちろん「ねりっ子」(画像左端)はちゃんと白くなるまでねりねりしていただきました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今年は天気が良くて良かったです。
やっぱり写真は光量大切ですね。

わざわざ一の鳥居からブチコんでくるのは
その向こうの花輪堂(原ん堂とも)から出てた名残だそうで。
今そこは共同墓地になってます。

「幕(モミ)を下ろす=幕を降ろす」って発想は面白い。
私も理由は聞いてみましたが…。
関係者様、御覧になっていたらどうかお答えを。
ちなみに北辺田や北羽鳥でもやりかたは一緒でした。

〆がおやつ。ししよりおやつ。花より団子的な。

Re: No title

今回は本当にお天気に恵まれました。

> わざわざ一の鳥居からブチコんでくるのは
> その向こうの花輪堂(原ん堂とも)から出てた名残だそうで。
> 今そこは共同墓地になってます。

そうなのですね。
かつてのスタート地点が共同墓地になっているというのも
場を特別視している逸話のようでグッときます。

> 「幕(モミ)を下ろす=幕を降ろす」って発想は面白い。
思いつきにしては妙にまとまっていると思って書き留めましたが拾っていただけて嬉しいです。
関係者様、ほんとうにコメントいただけると嬉しいです。

昨年もいただいてしまったのですが今年も遠慮なくいただいたお菓子詰め合わせ、
けっこう真剣に楽しみました。
食べ物をくれる人はみんないい人!(信条)

ご来場ありがとうございます。

オコトのご見学ありがとうございました。
立派な記事に感謝です。
参考までに役獅子について...。喧嘩獅子の前の踊りです。それぞれ役に合った特徴的な踊りになっているんですよ。
雌獅子...女らしく可憐な舞
中獅子...男らしくきびきびした機敏な舞
雄獅子...大きくゆったりとした優雅な舞
と言われています。

喧嘩獅子が一番見ごたえがあるのですが、あまり出番の少ない役獅子の雌獅子の踊りも次回要チェックです(//∇//)
来年もお待ちしております‼︎

Re: ご来場ありがとうございます。

先日はありがとうございました。
初めて来られたというカメラの方も「ここのはいい!」と絶賛されていました。
チビ獅子ちゃんがいらっしゃったのは雌獅子さんのお家のお子さんでしょうか?
大人気でしたね。

役獅子の解説ありがとうございます。
こんどお伺いする時には改めて気をつけて見てみます!
プロフィール

ノギ

Author:ノギ
獅子舞が好きな千葉県民。

ふりうやかい
http://huriuyakai.web.fc2.com

最新記事
ついったー
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR